臭い対策 体臭 デオドラント

臭い対策は体の中から!体臭を抑えるとっておきデオドラント食材とは

あなたは、食べるものによって、体臭や口臭のきつさが変わってくることをご存知でしたか?

 

身近な例を挙げると、お酒を飲みすぎた次の日や、焼肉や餃子など、にんにくたっぷりの食事をとった次の日・・・

 

自分でも嫌になるほど、口や体から強烈なニオイがしているのを感じたことがあるのではないでしょうか。

 

 

このように、食べるものによって体臭が強くなるということは、食事に気をつけることで、体臭を抑えることもできる、ということです。

 

デオドラントに最適な、体臭や口臭を抑えるのに最適な食材。

 

それは「メカブ納豆」です。

 

作り方はとっても簡単!

 

スーパーで売っているメカブと納豆を1パックずつ混ぜて、添付のたれや酢醤油で、1日1回食べます。

 

何とこれだけで、体臭や口臭の改善が期待できるのです。

 

納豆が苦手な方は、メカブだけを食べても、体臭を防ぐ効果がありますよ。

 

ではなぜ、メカブ納豆で、口臭や体臭を抑えることができるのでしょうか?

 

 

一番大きな理由は「便秘が治ると、体臭が抑えられる」から。

 

メカブに含まれる食物繊維、アルギン酸には、腸の中にあるにおいの元を包み込んで、便と一緒に排出する効果があります。また、納豆菌にも、腸内環境を整える効果があります。

 

だから、メカブ納豆を毎日食べ続けることで、腸をキレイにして、便通を良くする効果があるんですね。

 

 

メカブ納豆を食べると、メカブと納豆の豊富な栄養分で、肝機能の向上も期待できます。

 

肝臓には、ニオイ成分の毒素を分解して、無臭化するという機能があります。

 

臭い成分が減ることで、体のニオイが抑えられるのです。

 

なので、肝臓が弱ってきて、肝機能が低下すると、臭いのもとを分解する力も弱くなります。

 

そうすると、分解しきれなかった臭い成分が血液の中に入り込んでしまうため、体臭がきつくなってしまうのです。

 

 

だから、肝臓に負担のかかりやすいアルコールや肉類の摂取は、できることなら控えめに。

 

そして、意識して毎日、メカブ納豆を食べるようにしてみてください。

 

1週間ほどで便通が良くなり、それにともなって、便の臭いも体臭も、口臭も気にならなくなってくること間違いなしです。

 

どうしても、自分の体臭が強いような気がする。

 

何とかして、早く、自分の体臭をどうにかしたい!

 

・・・こんな風に、気になる臭いに即効性を求める方は、メカブを1日2パック食べてみてください。

 

実験によると、病的な体臭の方でも1週間、メカブを毎日2パック食べ続けることで、臭いのレベルが通常程度にまで下がったという結果が出ているそうです。

 

 

口臭・体臭対策に良いメカブ納豆を食べて、臭いが気にならなくなったあなたも、メカブ納豆は苦手で食べられないというあなたも、食べているけど、何だかまだちょっと臭いが気になる・・・というあなたにもオススメなのが、口臭予防サプリメント。

 

毎日飲むだけで簡単なのに、いつもほんのりバラの香りが漂う女性になれるなんて、ちょっといいなと思いませんか?