口臭 原因

口臭があるのは人間だけ!?不快なお口のにおいの原因とは?

普通に生活していても、誰もが気になるのが、口臭。だって、口が臭いなんて思われたくないですものね。

 

でもこの口臭、実は人間特有のものだってご存知でしたか?人間以外の哺乳類には、実は口臭がないんです。

 

飼っている犬や猫から口臭がする・・・というのは、食べ物などによる歯周病が原因。自然界で生活している哺乳類には、口臭はありません。

 

ではどうして、人間だけに口臭があるのでしょうか。

 

それは、「人間だけが、口呼吸をする」からです。人間は、会話をするために、口で呼吸をするようになりました。だから、人間だけが口で呼吸をするんですね。

 

そして、口臭の大きな原因は、口が乾燥すること。口で呼吸をすると、どうしても口が乾燥してしまいます。それが口臭の原因になって、においが気になってしまうんです。

 

そういえば、気が付くといつも口が開いてしまっている、という方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。近年、柔らかい食べ物が好まれるなど、生活習慣の変化から、歯の数が減るなどの歯列不正が見られる人の数が増えてきています。

 

歯の数と、あごの発達のバランスが取れていないため、上手に口が閉じられなくなっている人が増えているのが現状。どうしても、口を閉じているのが苦手だという方も増えてきているんです。

 

このエクササイズで口呼吸を改善し、すっきりさわやか息に!

 

口を開いた状態が続くと、必然的に口呼吸をするようになります。そうすると、口臭が気になってしまう、という訳です。では、どうすれば口呼吸を直すことができるのでしょうか。

 

実は、簡単なエクササイズを毎日続けることで、自然と鼻呼吸に変えることができるんです。

 

口呼吸をやめよう!と、意識して鼻呼吸をしようとすると、何だか息苦しく感じてしまったり、きちんと呼吸できていないような気がして苦しく感じることがあります。だから、無理なくエクササイズで鼻呼吸を習慣づけるのがコツなんですね。

 

ひとつ目のエクササイズは、舌を動かすエクササイズです。顔を少し上に向けて、口を軽く開けます。その状態で、舌を、上前歯の裏⇒下前歯の裏⇒下右奥の歯⇒下左奥の歯、の順に、上下左右にテンポよく動かします。これを3分間続けます。

 

ふたつ目のエクササイズは、唇を横に引っ張るエクササイズです。イー、と言うときのように、唇を思い切り横に引っ張り、力を入れます。首に筋が浮き上がるまで力を入れた後、力を抜きます。これを3分間、繰り返します。

 

みっつ目のエクササイズは、唇をとがらせるエクササイズです。ひょっとこのように唇をとがらせ、力を入れます。その状態で、とがらせた口を右、左と交互に動かします。これを3分間、繰り返します。

 

1回につき、3つのエクササイズをそれぞれ3分間。これを1日3回やることで、自然と鼻呼吸ができるようになります。

 

これまでずっと口呼吸をしていた、という方は、これを機会に、このエクササイズを実践して、鼻呼吸に変えてみてくださいね。きっと気になっていた口臭からも解放されて、さわやかな毎日を送ることができるようになりますよ。