加齢臭 消す 洗い方

気になる加齢臭をしっかり洗い流す体の洗い方とは?

他の人から指摘されたり、自分でも何となく「もしかして、これって加齢臭じゃ・・・」と感じたりすることがあると、とたんに自分の体臭が気になり始めますよね。

 

年齢を追うごとに臭いが出やすくなると言われる「加齢臭」。

 

ですが、毎日のお風呂で体を洗うときに、少し心がけておくだけで加齢臭をキレイに洗い流せる方法があるんです。

 

 

いやーな加齢臭の原因は、汗腺のそばにある皮脂腺から分泌される脂肪酸、パルミトレイン酸が酸化することや、肌の表面のバクテリアによって脂肪酸が発酵してできるノネナールという物質になること。

 

どちらにしても、肌の表面での化学変化によって発生している臭いなので、しっかりと洗い流して、パルミトレイン酸が酸化しない、清潔な皮膚の状態を保てば臭いは発生しない、ということになります。

 

では、肌の表面から加齢臭の原因物質を洗い流すために、お風呂のときに気を付けておきたいこととは何なのでしょうか。

 

 

それは、加齢臭の原因になるノネナールが溜まりやすい場所を念入りに洗うこと。

 

簡単なことですが、ノネナールさえ溜まらなければあの独特の加齢臭を防ぐことができるんですよ。

 

 

そして、ノネナールが一番溜まりやすい場所・・・

 

それは「襟元」。

 

 

首の後ろから耳元にかけてに溜まりやすいノネナールは、肌にべっとりとこびりつき、水に溶けにくい物質なので、シャワーやかけ湯でさっと流した程度では、まったく臭いは取れないのです。

 

そこで、耳の後ろ、首の後ろ、肩や背中、襟足を、よく泡立てた石けんでしっかりと洗うことで、ノネナールを洗い流すことが重要になってきます。

 

ささっと洗ってしまいがちな耳の後ろは特に要注意。

 

自分では臭いがわかりにくい場所だからこそ、丁寧に、しっかり洗うことを心がけましょう。

 

洗うときに使う石けんは、できれば消臭や加齢臭に特化したものであればベストですが、そうでない場合も、洗浄力が高く、皮脂をしっかりと洗い流せるタイプの石けんが望ましいでしょう。

 

市販の弱酸性ボディソープなどでは、若干心もとないかも、というのが正直なところです。

 

 

また、首回りにつながっている胸元や背中も、意外に臭いが残りやすいゾーン。あわせてキレイに洗うことを心がけましょう。

 

洗いにくい場所に溜まりやすい加齢臭の原因物質。いや、洗いにくい場所だからこそ、ついつい溜め込んでしまいがちなのかもしれませんね。

 

このコラムでお伝えしたポイントを念入りに洗えば、加齢臭の不安から解放されること間違いなし。

 

ぜひ今日から、お風呂で試してみてくださいね。