デリケートゾーン ニオイ対策

デリケートゾーンのニオイを気にせず毎日を過ごすには?

女性なら誰でも気になるのが「デリケートゾーン」の臭い。

 

構造上、どうしても蒸れやすく、ジメジメしやすい場所なので、ニオイも特に気になってしまいますよね。

 

デリケートゾーンの臭いも、他の部位の臭いと同じく、雑菌が繁殖することが原因です。

 

なので、できるだけ清潔な状態を心がけ、キープすることがニオイ対策になる、ということになります。

 

しかし、デリケートゾーンのニオイ対策が難しいのは、清潔にしすぎると今度はそれがかえってにおいの原因となってしまうことがあること。

 

女性は月経のリズムに合わせて、おりものの量が増えたり減ったりを繰り返します。

 

体が健康なときは、おりもの自体ににおいはありませんが、おりものが下着について時間がたつにつれて、雑菌が繁殖して独特のにおいを感じるようになります。

 

おりものが臭いの原因になるなら、おりものが出るたびにキレイに洗えば臭わなくなるのでは?

 

とお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんが、デリケートゾーンには自浄作用があるため、洗いすぎるとバランスが崩れ、それがかえって臭いの原因になってしまうのです。

 

では、デリケートゾーンの自浄作用を活かしたまま、におい対策をするには一体どんなことをすれば良いのでしょうか?

 

 

一番てっとり早くできるのは、「通気性の良い下着をつける」こと。

 

化繊ではなく、綿でできた通気性の良い下着をつけることで、蒸れにくくなり、においの原因を抑えることができるようになります。

 

特ににおいが気になる、という方は、夜、お風呂に入ったときだけでなく、朝、出かける前にも下着を変えると良いでしょう。

 

少し面倒ですが、こまめに下着を変えるだけでもにおいは格段に気にならなくなります。

 

次にお勧めなのが、デリケートゾーン専用の石けんを使うこと。

 

専用の石けんには、デリケートゾーンの自浄作用は保ちつつ、においの原因は抑えてくれるという効果があります。

 

使い続けているうちに、少しずつにおいが気にならなくなっていきますよ。

 

そして、少し抵抗はあるかもしれませんが効果的なのは、アンダーヘアの量を減らすこと。

 

ワキもそうですが、毛に臭いがこびりつくことで、臭いがきつく感じられるようになります。

 

そこで、できるだけ毛を減らしてしまうことで、臭いを抑える効果があります。

 

完全にアンダーヘアをなくしてしまうのはちょっと・・・という方でも、脱毛サロンなどで、ほどよい毛量に脱毛するなどすれば、かなり快適に過ごすことができるようになるでしょう。

 

 

デリケートゾーンは、個人差はあれど女性なら誰でも、ある程度はにおいがあるもの。

 

あまり神経質に気にすることなく、清潔な状態をキープすることを心がけましょう。